2017年08月09日

クーラー1台で熱帯夜を乗り切る

団地でハッピー♪
本日の東京、最高気温37度って、すごいですね。

我が家にはクーラーが一台しかなく、
寝室はクーラーなしなんです。
それで、これまでの夏は、廊下に遮熱シート(?)をはって、
リビングのクーラーの冷気を、寝室に送り込んでました。

クーラーのない部屋4.jpg


クーラーのない部屋1.JPG

↑写真手前にはタワー型の扇風機(送風機)があります。

非常に見苦しいですね。

トイレに行くとき、遮熱シートをいちいち外さなくてはならないし、使いづらい!

で、今年は、こんな風にしています。

団地クーラー一台対策5.jpg

わかります?
遮熱シートだった部分を、発砲スチロールのような素材の板に変えたのです。
いちおう断熱性のある板だったと思います。
ホームセンターで980円くらいでした。
買ったときから、この大きさで、寝室の天井敷居(?)とぶつかる部分だけ、カッターでカットしたくらいです。

断熱性のある板というか、ボード(?)だけですと、こんな感じ。
団地クーラー一台対策4.jpg

リビングの茶色の引き戸と、断熱ボードがぶつかる部分には、
板とかの縁(へり)につけるクッション材を購入してはめました。
これは600円くらいだったと思います。
10センチくらい長すぎたので、カッターでカットしました。

で、天井部分です。
ここは、車の日よけシートを100均で買ってきて、これを、天井部分のスペースをカバーするようにハサミでカット。
上からかぶせているだけです。
軽くて安定感がないので、段ボールでシートを補強しました。
重みが増したので安定感多少アップしました。

団地クーラー一台対策6.jpg

寝室側から見るとこんな感じ。
団地クーラー一台対策7.jpg

団地クーラー一台対策3.jpg

現在は、このドアをそのまま、右に引くと、廊下に出ることができるようになりました。
遮熱シートではなく、断熱ボードなので、ドアを右にスライドしても、ボードは立ったままですし。

トイレへの行き来が楽になりましたし、
見た目もすっきり。
ただ、ドア(引き戸)が全開しませんので、体を横にして通り抜ける感じですが。

固定していないので、昼間は全部取り外すこともできます。

参考までに、過去の見苦しい(暑苦しい、でも涼しい)熱帯夜対策のリンク張っておきますね。
http://danchidehappy.seesaa.net/article/440818785.html
http://danchidehappy.seesaa.net/article/423793440.html

以上団地でハッピーでした♪

団地で英語も、引き続き続けてますよ〜!


団地で英語 TOEIC試験対策 教材リスト

「英語学習者」ブログランキングに登録してみました。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

引き続き、団地&インテリアブログランキングにも参加しています。
いろいろな方のインテリアを参考にしています!
にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村             
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ


posted by C子 at 12:17| Comment(0) | 寝室(北側和室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

熱帯夜対策

毎年、やっている熱帯夜対策です。
我が家には、クーラーが一台しかありません。
寝室にはクーラーがないので、どうしているかというと、こうしてます↓↓

団地クーラーなし.JPG

写真の手前がクーラーのあるダイニングキッチンで、
左奥が寝室です。
間に廊下があるのですが、そこを保温シートで区切って、ダイニングの冷気を寝室に扇風機で送ってます。

以前、使った画像ですけど、間取り図に書くとこんな感じです。↓↓

クーラーのない部屋4.jpg

ベランダの水色の〇印が、クーラーの位置です。
赤いラインの部分が、保温シートの位置です。

クーラーのない部屋1.JPG

寝室側から見ると

クーラーのない部屋2.JPG

美しくないですが、快適な眠りを手にいれることができますよ!



保温シートを、扉やフスマなどにとりつけるのに、大きめの洗濯ばさみをつかって、はさみます。



保温シートも、大きめの洗濯ばさみも、100円ショップで買えます。

快眠のお力になれれば!

以上です。

団地で英語 TOEIC試験対策 教材リスト

「英語学習者」ブログランキングに登録してみました。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

引き続き、団地&インテリアブログランキングにも参加しています。
いろいろな方のインテリアを参考にしています!
にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村             
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
posted by C子 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝室(北側和室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

クーラーのない寝室を涼しくする バージョンアップ

熱帯夜が続きますね。
暑くて、寝苦しいですね。

我が家の寝室(北側の和室)にはクーラーがないので、リビングに唯一ついているクーラーの冷気が、どうにか寝室のほうに流れるようにしているんですが、
この件については、2014年に一度、ブログで紹介しています。

2014年08月04日 クーラーのない寝室を涼しくする

今年も、ほぼ、同じ対策をとってますが、少々、バージョンアップしましたので、ご報告させていただきます。

2014年は、シャワーカーテンを使っていましたが、
今年は、断熱シートを使いました。
100円ショップでは、こたつ用の断熱シートが売っていたので、これを二枚購入。

こんなふうに、リビングと寝室の間をつなぎました。

クーラーのない部屋1.JPG
リビングから、寝室を向いての一枚です。
手前にタワー型の扇風機が置いてあります。
これで、リビングの冷気を、寝室に送り込みます。

その際、リビングと寝室の間の廊下から、冷気が漏れないよう、空気の通る道を、遮熱シートで限定するのです。

クーラーのない部屋2.JPG
これは、寝室からリビングのほうを見た一枚です。
リビングのほうの扉も、寝室のほうの扉も、全開にはしていません。

ポイントは、天井から冷気が抜けていかないよう、しっかり、カバーすること。
2014年のシャワーカーテンのときは、その点、無防備なままでした。(それでも寝室は冷えましたが、無駄に、玄関とかトイレが涼しくなってしまいます)

2014年のほうを見ていただけると、天井から冷気が抜けていってしまうのが、おわかりいただけると思います。
2015年のやり方は、ほぼ2014年と同じですが、
・遮熱シートにしたこと
・天井までカバーしたこと

が違いです。

クーラーのない部屋3.JPG
遮熱シートは、寝るときだけ取り付けるので、固定はしていません。
洗濯ばさみの大型のものを使って、このようにシートをはさんでいるだけです。

夜中、トイレに行くときなんか、いちいち、遮熱シートを一部はずして、廊下に出なくてはいけないのが難点ですが。

DIYが得意な方でしたら、天井にS字型フックをひっかけるとか、両面マジックテープのようなものをつけて、もっと見た目もスマートにできると思います。

うちは、その辺、苦手でして・・・

あまり美しない写真ばかりですが、皆様の寝苦しい夜が、少しでも快適になることを願って
共有させていただきました。

ちなみに、縦長の遮熱シートの長すぎるところはカットしたり、横幅が必要なところにガムテープで張り付けてたりして、使いやすい形にしています。

クーラーのない部屋4.jpg
水色のがクーラーの場所。
水色のが、冷気の流れ
赤いが、遮熱シートを設置している場所です。

少しでも参考になれば嬉しいです。




団地&インテリアブログランキングに参加しています。
いろいろな方のインテリアを参考にしています!
にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村             
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
posted by C子 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝室(北側和室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索